Sponsored Links

【えっ!?この人も?】元不良・元ヤンキーの芸能人・有名人まとめ

元不良・元ヤンキーの

芸能人・有名人まとめ

 

ある意味では普通の社会人より厳しい世界だと言える芸能界。そんな芸能界には昔悪かった”元ヤン”も少なくありません。

ヤンキーは目立つことが大好き。そんな彼らにとって芸能人というのはある意味ピッタリな職業なのかもしれません。

今回は元ヤンキーだといわれている芸能人・有名人をまとめてみました。

【喧嘩最強】ケンカが強い芸能人まとめ
【喧嘩最強】ケンカが強い芸能人まとめ

【喧嘩最強】ケンカが強い芸能人まとめ 「あの芸能人はケンカが強いらしい」「あの芸能人はヤ〇ザを半殺し ...

続きを見る

次のページへ

相川七瀬

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

相川七瀬(@nanasecat)がシェアした投稿

  • 名前:相川七瀬
  • 生年月日:1975年2月16日
  • 出身地:大阪府大阪市東淀川区上新庄
  • 職業:歌手

『夢見る少女じゃいられない』『恋心』『トラブルメイカー』など数多くのヒット曲で知られる相川七瀬さんは中学校時代はヤンキーだったことを公表しています。

当時は喧嘩ばかりしており、彼氏は暴走族の頭でそのころに受けたオーディションで審査員にガンを飛ばしていたそう。
また、ある音楽番組ではタンスを万引きしたという驚くべきエピソードを語っています。
どうやって万引きしたのか?何のためにそんなパクりづらいものを?いろいろな意味でぶっ飛んでいます。

同じ時期にデビューしたPUFFYの吉村由美さんとは「目が合ったのに挨拶をしなかった」というヤンキーらしい理由で大喧嘩をしたそう。「何やコラ!いてまうぞ」などの汚い関西弁が飛び交っていたと、当時のスタッフが語っています。

しかしながら、喧嘩の後2人はすぐに仲良くなり現在でも仲良しのようです。
そのあたりもヤンキーらしいですね。

赤井英和

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】おおきに赤井英和(@okiniakaihidekazu)がシェアした投稿

  • 名前:赤井英和
  • 生年月日:1959年8月17日
  • 出身地:大阪府大阪市西成区
  • 職業:俳優、タレント、元プロボクサー

元プロボクサーで現在はタレントとして活躍している赤井英和さんも昔は相当悪かったようです。

中学、高校時代はその喧嘩の強さから大阪のワルの中では知らない人がいないほど。
同世代に格闘家の前田日明がおり、2人は当時の大阪で凌ぎを削っていたようです。

現在のいいお父さんのような雰囲気からは考えられませんね。

ちなみにボクシングの強さも相当で、全日本新人王、デビュー以来12試合連続ノックアウト勝ち(当時の日本記録)といった記録を持ち、そのまま言っていたら世界チャンプも夢ではなかったはずです。

世界チャンピオンでもないのに人気も相当で「難波のロッキー」という異名もつけられていました。

そんな赤井英和さんのヤンキー伝説の一部を以下にまとめました。

赤井英和ヤンキー伝説

  • 電車の中で足を組んでいたり、投げ出して座っている不良の足を片っ端から蹴って回っていた。
  • お年寄りがいたら座っている人をどかしてまでお年寄りに席を譲っていた。
  • 赤井英和が乗った電車の車両は誰もいなくなった。
  • ヤ〇ザの事務所に単身乗り込んで潰したことがある。
  • 商店街を歩いているとヤ〇ザも頭を下げていた。
  • 「赤井英和をボコったる」とイキっていた亀田史郎の兄をボコボコにした。

あびる優

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

あびる優(@yuabiru74)がシェアした投稿

  • 名前:あびる優
  • 生年月日:1986年7月4日
  • 出身地:福岡県大牟田市生まれ、東京都育ち
  • 職業:アイドル、タレント

タレントのあびる優さんはバラエティ番組で「若い頃万引きしまくって、お店一つを潰したことがある」というエピソードを武勇伝かの如く語って大炎上した過去があります。

本人がヤンキーかどうかは別として、つるんでいる周りの人間が質が悪いというのは間違いなさそうです。

そして、離婚した才賀紀左衛門さんの格闘技の試合で応援する声がやたらうるさかったことだけは記憶にあるので、注目されたい、目立ちたいという気持ちが強いのはあるのかなと思います。

綾小路翔

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@showayanocozeyがシェアした投稿

  • 名前:綾小路翔
  • 生年月日:1976年4月26日
  • 出身地:千葉県君津市
  • 職業:ミュージシャン

人気バンド氣志團のメンバーの一人である綾小路翔さんも元ヤンだったといわれています。

元ヤンというかそもそも氣志團というバンド自体がヤンキーの格好をしているので、現役とも取れるのですが、実際はどうだったんでしょうか?

綾小路翔さんは千葉県の君津市出身でヤンキーが多いことで知られる木更津の隣。そんな土地柄もあり翔さんの周りもヤンキーが多かったそうで、彼自身も自然とヤンキーのようになっていたそうです。

一時は「木更津サリィ」という暴走族に属していたという噂もあります。

ただ、ヤンキーであったことは確かで一通り悪さはしていたものの翔さん自身は良い奴で、ゴリゴリのヤンキーという感じではなく周りに合わせてなんと無くやっていたというのが実際のようです。

不良の格好はしつつもオタク系の人たちとも仲がよく、むしろそちらの方が居心地がよかったそうです。

飯島直子

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

北村好夫(@beicunhaofu2070)がシェアした投稿

  • 名前:飯島直子
  • 生年月日:1968年2月29日
  • 出身地:神奈川県横浜市港北区
  • 職業:女優、タレント

タレントの飯島直子さんも元ヤンだといわれている芸能人の一人です。

テレビ番組でトイレでヤンキー座りをしている中学時代の飯島さんの写真が紹介されると、通っていた中学はかなり荒れていて窓ガラスはすぐに割られてしまうため冬でもガラスが取り外されていたというエピソードを明かしていました。

本人曰く『内気な性格が嫌でそういう性格を直すのにはこういう方法しかなかったんでしょうね』とのこと。

また、彼女は当時番長と付き合っていたり、暴走族に入っていたという噂もあります。

伊原剛志

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊原剛志 Tsuyoshi Ihara(@tsuyoshi_ihara)がシェアした投稿

  • 名前:伊原剛志
  • 生年月日:1963年11月6日
  • 出身地:福岡県北九州市
  • 職業:俳優

俳優の伊原剛志さんは生まれは福岡県ですが、幼少期に大阪の生野区に移り住んでいるので育ちは大阪だそうです。

生野区といえばそういう場所なんですが、事実彼も元在日韓国人であったことを公表しています。
学生時代はかなりのヤンキーで、喧嘩ばかりしていて隣町までその悪名は知れ渡っていたそう。

現在は優しそうな表情の彼ですが、背も高く体格もいいので確かに喧嘩は強そうですね。

岩佐真悠子

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

岩佐真悠子(@mayuko.iwasa)がシェアした投稿

  • 名前:岩佐真悠子
  • 生年月日:1987年2月24日
  • 出身地:東京都練馬区
  • 職業:女優、タレント

気が強そうな言動やそれを裏切らない見た目で世間的にも元ヤンのイメージが強い岩佐真悠子さんですが、実際にはヤンキーというよりはヤンチャ系のギャルだった模様。

学校では生活態度は悪くて、問題児だったようなので素行が悪かったのは間違いないところ。
そして仲のいい芸能人が沢尻エリカ、あびる優というところからも察することが出来ます。

宇梶剛士

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

宇梶剛士(@ukajiii)がシェアした投稿

  • 名前:宇梶剛士
  • 生年月日:1962年8月15日
  • 出身地:東京都新宿区
  • 職業:俳優、タレント

俳優の宇梶剛士さんは元々伝説の暴走族「ブラックエンペラー」の総長だったのは有名な話。ブラックエンペラーは当時メンバーが2000人を超える日本で最大の暴走族で宇梶さんはその中でも異例の速さで総長にまでなったそう。

今は気は優しくて力持ちといったような穏やかそうなイメージですが若いころは相当ヤバかったようで、ヤンキーだったヒロミ曰く「怖すぎて近づけなかった」そうです。

そんな伝説的な存在だった宇梶さんですから、耳を疑うヤンキーエピソードは数知れません。

宇梶剛士ヤンキー伝説

  • 喧嘩相手を簀巻きにして湖に沈めていた。
  • 800対1で喧嘩
  • 小6の時にヤキを入れるためにやってきた中1の先輩23人を返り討ちにした。
  • 日本刀で切られたことがある。
  • 喧嘩相手の顔面をバイクのエンジンで焼いた。
  • 原チャリを川にぶん投げた。

江口洋介

江口洋介
facebook
  • 名前:江口洋介
  • 生年月日:1967年12月31日
  • 出身地:東京都 北区
  • 職業:俳優

俳優の江口洋介さんも元ヤンだったという噂があります。

横浜の有名な暴走族の総長だったとか、200人の部下を引き連れて繁華街を闊歩していたとかなかなか強烈な噂があります。

デビュー映画が「湘南爆走族」だったからというのも関係ありそうです。

江口さんの場合はあくまで噂程度ですが彼は雰囲気もあるので、元ヤンといわれても別に不思議ではありません。
背も高くガタイもいいので喧嘩も強そうですし。

大島優子

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yuko Oshima(@yuk00shima)がシェアした投稿

  • 名前:大島優子
  • 生年月日:1988年10月17日
  • 出身地:栃木県 壬生町
  • 職業:元AKB48

元AKB48の大人気メンバーの大島優子さんは中学生の頃ヤンキーだったことを公言しています。

仲良しのひとりがヤンキーの世界に行ってしまって、その子と付き合っているうちに自然とヤンキーになっていったそう。
当時は髪の毛も金髪に染めて、コンビニでたむろしたりと王道の行動をしていたそうです。

織田裕二

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

鈴木保奈美(@honamisuzukiofficial)がシェアした投稿

  • 名前:織田裕二
  • 生年月日:1967年12月13日
  • 出身地:神奈川県川崎市宮前区
  • 職業:俳優

熱い男のイメージが強い俳優の織田裕二さんも元ヤンだという噂があります。

高校は神奈川県の頭のいい事でも有名な私立高校を卒業しています。

当時の彼は「ケンカで織田に一発パンチをすると3発返ってくる」ということから当時のヤンキーたちの間で”3倍返しの織田”といわれていたそう。

GACKT

GACKT
GACKT
  • 名前:GACKT
  • 生年月日:1973年7月4日
  • 出身地:沖縄県沖縄市
  • 職業:ミュージシャン

本業はミュージシャンだと思われる、もはやジャンルが不明なGACKTさん。

沖縄県出身で学生時代は相当悪かったそうです。
そのころは自分の強さを確認するため喧嘩に明け暮れ、喧嘩相手に刺されたこともあると語っています。

存在が胡散臭い彼のことなので、ヤンキーエピソードも本当のことなのかどうか怪しいものですが、彼が真面目な努力家であるということはあの肉体を見る限りは間違いないところ。

加藤綾子

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

加藤綾子(@ayako_kato.official)がシェアした投稿

  • 名前:加藤綾子
  • 生年月日:1985年4月23日
  • 出身地:埼玉県三郷市
  • 職業:アナウンサー

カトパンの愛称でおなじみの元フジテレビのアナウンサー。現在はフリーになってますます大活躍している加藤綾子さん。

清楚で上品なイメージの強い彼女ですが、昔のギャル時代の写真が流出したことで、元ヤンなのではないかと噂になりました。

そんなカトパンですが中学時代、通っていた学校がかなり荒れていたそう。
その中で彼女は『ベンジャーズ』と呼ばれていたギャル集団の一員だったそうです。
ベンジャーズとはトイレで屯しているガングロギャルの集団のことらしいです。

他にもホスト元カレととったプリクラなんかも流出しており、かなりイケイケだったようです。

岸谷五朗

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hiro Kimura(@hirokimura_)がシェアした投稿

  • 名前:岸谷五朗
  • 生年月日:1964年9月27日
  • 出身地:東京都武蔵野市
  • 職業:俳優

俳優の岸谷五朗さんは学生時代は地元でも有名な不良で『三多摩の五郎』という異名で恐れられていたそうです。

自身でも「不良で喧嘩っ早くてキレやすかった」といっているので本当の話なのでしょう。

確かに映画などで反社の役をやっていた時の彼の迫力はホンモノ以上の怖さを感じました。

彼と仲のいい俳優の寺脇康文さんが語った岸谷五朗さんのエピソードですが、渋谷センター街で酔っ払った若者たちに絡まれた際、彼は若者たちを裏路地に連れ込んでわずか五分ほどで平謝りさせたそうです。

その後詳細は聞いても教えてくれなかったそうですが、あの顔面で詰められたら一般の若者なんかビビり倒すのは間違いありません。

吉瀬美智子

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Michiko Kichise(@michikokichise)がシェアした投稿

  • 名前:吉瀬美智子
  • 生年月日:1975年2月17日
  • 出身地:福岡県朝倉市
  • 職業:女優・モデル

女優の吉瀬美智子さんは地元福岡では美人ヤンキーとして有名だったそう。

自身も著書で学生時代は茶髪でミニスカ、髪はワンレンで学校に行っていたとあります。
また、その美貌故ガソリンスタンドでバイトしていた時は彼女目当ての客が列をなしていたそうです。

彼女の学生時代の写真も出回っているので、ヤンキーだったのは間違いないでしょう。

木下優樹菜

木下優樹菜
  • 名前:木下優樹菜
  • 生年月日:1987年12月4日
  • 出身地:東京都葛飾区
  • 職業:タレント

色々と話題が尽きないモデルでタレントの木下優樹菜さんがヤンキーだったのは自分でも公言していますし、見た目からも大体想像がつきますので、こちらで紹介するまでもありません。

学生時代は地元でも有名なヤンキーで、喧嘩に明け暮れ、学校では副番長だったそう。

また、クラスで気に入らない子がいたら学校に来れなくなるくらい追い詰めたエピソードを武勇伝かの如く語っている。

今でもその気質は抜けていないようで、”事務所総出”発言をしたり、結婚しているのにあまりあまり隠している様子もなく浮気をしたりと良くも悪くも自分に正直に生きているようです。

劇団ひとり

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kodomoe(@kodomoe)がシェアした投稿

  • 名前:劇団ひとり(川島 省吾)
  • 生年月日:1977年2月2日
  • 出身地:千葉県千葉市花見川区
  • 職業:お笑い芸人

人気芸人の劇団ひとりさんも中学、高校時代はヤンキーだったといわれています。

そのころの逸話などはそれほど公言はしていないのですが、ひとりさんのヤンキー時代の写真を見るに相当気合の入った方のヤンキーだったと思われます。

劇団ひとり ヤンキー
劇団ひとり 高校生の頃

彼は高校一年の時に『天才たけしの元気が出るテレビ!!』の”お笑い甲子園”という企画に出場して、それをきっかけに事務所に所属して、当時の学校も中退していますので、そのころにヤンキーも卒業したのでしょう。

小泉今日子

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

空我+kyon2❤️(@kyon2_love)がシェアした投稿

  • 名前:小泉今日子
  • 生年月日:1966年2月4日
  • 出身地:神奈川県厚木市
  • 職業:元アイドル、女優、歌手

昭和の時代『キョンキョン』の愛称でアイドルとして一世風靡した小泉今日子さんも元ヤンだといわれています。

一説では神奈川の厚木でレディースに所属していて総長をしていたとか、中学生のころから制服を改造したりタバコや酒もたしなんでいたとか。

ヤンキー時代の咥えタバコの写真も流出しているようなので元ヤンだったのは間違いないのでしょう。

酒井若菜

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

真夜中ドラマ「ホメられたい僕の妄想ごはん」(@moso_gohan)がシェアした投稿

  • 名前:酒井若菜
  • 生年月日:1980年9月9日
  • 出身地:栃木県下都賀郡野木町
  • 職業:元グラビアアイドル、女優

ドラマ『木更津キャッツアイ』で一気に注目を浴びたグラドルの酒井若菜さんは地元栃木でヤンキーだったと噂されています。

ドラマの役どころもギャルヤンキーみたいな感じでしたが、自身でも「栃木では勉強するかヤンキーになるかどちらかしかない」と発言しており、彼女はヤンキー側だったようです。

佐々木希

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

佐々木希(@nozomisasaki_official)がシェアした投稿

  • 名前:佐々木希
  • 生年月日:1988年2月8日
  • 出身地:秋田県秋田市
  • 職業:女優、モデル

女優、モデルとして活躍されている佐々木希さんは秋田出身なのですが、地元では相当気合の入ったヤンキーだったといわれています。

中学生ながら飲酒・喫煙は当たり前、金髪でド派手なギャルメイクをして誰彼構わず喧嘩を売っていたそう。

気に入らない奴がいたらとりあえず呼び出してタイマン。当時秋田では喧嘩で負けた方が髪を切るという「髪切りデスマッチ」なるものが流行っていたそうで、彼女は負けなしだったとか。

また、先に紹介した木下優樹菜さんは佐々木さんに対して「一瞬で敵わないと判断した」と語っています。

旦那がああなってしまった今でも別れずに一人気丈に頑張っている彼女の行動原理は、好きになったらとことん一途なヤンキーのマインドからなのかもしれません。

次のページへ >

-LIFE, 雑学
-,

© 2021 ogulog(オグログ) Powered by AFFINGER5