Sponsored Links

【感動】泣けるR&Bおすすめ超名曲集

泣けるR&Bおすすめ超名曲集

随時更新

本日は感動系の泣けるR&Bのおすすめ曲を紹介します。

思いっきり泣きたいときなんかに聴きたくなる曲を集めてみました。

全てじっくり聴ける名曲です。

Marc Anthony - Muy Dentro De Mi(You Sang To Me)

Marc Anthony
Marc Anthony

ジェニファー・ロペスの元旦那としても有名なマーク・アンソニーさんです。

プエルトリコ系のアメリカ人。
ジェニファー・ロペスも同じくプエルトリコ系みたいですね。

1999年のアルバム「Marc Anthony」からのシングル曲です。
「Muy Dentro De Mi」 は英語曲名「You Sang to Me」のスペイン語バージョンです。

私はスペイン語バージョンの方が断然好きですね。

初めて聴いたときからこの曲に惚れてしまってアナログを必死で探しました。
意外とレアみたいでヤフオクで5000円くらいで買った記憶があります。

この曲J・Loに送った曲みたいですね。

Marc Anthony - Muy Dentro De Mi(You Sang To Me)

Babyface - I Need A Love Song

Babyface
Babyface

大天才プロデューサーのベイビーフェイスの2008年のシングル曲です。

もうホント最高すぎる、なんかわかんないけどこの曲聴いていると鳥肌と涙が出てきます。

ベイビーフェイスの仕事では他にBoyz II Men「I'll Make Love to You」「End of the Road」 はあまりにも有名ではないでしょうか。

昔、CD擦り切れるまで聴いてましたw

私がブラックミュージックが好きになるきっかけになった曲の一つだと思っています。

Charlie Wilson - What You Do To Me

Charlie Wilson
Charlie Wilson

「The Gap Band」のボーカル「チャーリー・ウィルソン」の2009年のアルバム「Uncle Charlie」からの一曲です。

1953年生まれらしいので2009年時点で相当なおっさんだったはずですが、なんですかねこの透き通ったヴォーカルは。
黒人特有の力強さも併せ持ってます。

この曲も間違いなくMYクラシックのひとつです。

Enrique Iglesias ft Sean Garrett - Away

Enrique Iglesias
Enrique Iglesias

スペイン出身の超絶イケメン歌手の「エンリケ・イグレシアス」さんです。

日本だと「Bailamos」なんかも有名なんじゃないでしょうか?

「Away」は2008年リリースのシングルでアメリカのポップラップシンガーソングライター「Sean Garrett」をフィーチャーしています。

最初の寂し気なアコースティクがとてもいい感じです。
ピアノとアコギの音が何より好きです。

PVがすごくドラマティックで壮大なこの曲のイメージとマッチしています。
事故で大事な人を亡くしてしまったっていう感じでしょうかね?

Blue - One Love

blue
blue
  • アーティスト:Blue
  • 曲名:One Love
  • アルバム:One Love
  • リリース:2002年

顔も良ければ歌もうまいでお馴染み日本でも大人気Blueの”One love”。

同名のアルバムのリードシングルとしてリリースされ、アルバムとともに世界中で大ヒットを飛ばしました。

日本でも勿論大ヒットでした。なんとなく日本で売れるのもわかります。

Boyzone - Key To My Life

boyzone
boyzone
  • アーティスト:Boyzone
  • 曲名:Key To My Life
  • アルバム:Said and Done
  • リリース:1995年

アイルランドの5人組ヴォーカルグループ”Boyzone”のデビューアルバム”Said and Done”からの3枚目のシングルです。

この曲もそうなんですが、とにかく彼らのデビューアルバムは本当にすばらしいです。

このレベルの曲で3枚目のシングルということで察してほしいです。
とにかく捨て曲がなくて、全曲いいんです。当時聴き倒しました。

BoyzoneSaid and Done

Usher - Twork It Out

usher
usher
  • アーティスト:usher
  • 曲名:Twork It Out
  • アルバム:8701
  • リリース:2001年

Usherの3枚目のアルバム”8701”から。

良曲揃いのアルバムですが私はこの”Twork It Out”が一押しです。

哀愁を感じさせるトラックにUsherのエロ上手い歌声がさらに涙を誘います。

Matt Cab - Searching For You (Nujabes Offiicial Tribute)

Matt Cab
Matt Cab
  • アーティスト:Matt Cab
  • 曲名:Searching For You (Nujabes Offiicial Tribute)
  • リリース:2015年

2010年に惜しくも交通事故で亡くなってしまった日本人の伝説的トラックメーカーのNujabes氏。
この曲は彼への追悼曲です。

トラックはNujabesとshing02の超名曲”Luv (sic)Pt.2”。

Matt Cabの優しい歌声と、優しいメロディーが涙を誘います。

Nujabesが亡くなったというニュースは当時かなりの衝撃でした。唯一無二のトラックメーカーでもう彼のトラックを聴く事ができないその喪失感は只事ではありませんでした。

All-4-One - I Can Love You Like That

All-4-One
  • アーティスト:All-4-One
  • 曲名:I Can Love You Like That
  • アルバム:And the Music Speaks
  • リリース:1995年

Boyz Ⅱ Menあたりのコーラスグループにハマっていた時に結構好きだったグループ。

アルバムも買ったんですけどその中でもこの”I Can Love You Like That”はめちゃくちゃ聴きました。
サビに入る前の上げ方かぞわぞわっときます。

もちろんそのほかの曲も捨て曲無しなので是非アルバムも聴いてほしいと思います。

Joe - All or Nothing (Poor Georgie Remix)

joe
JOE
  • アーティスト:Joe
  • 曲名:All or Nothing (Poor Georgie Remix)
  • アルバム:Everything
  • リリース:1994年

元ネタはTOTOの超名曲「Georgy Porgy」。オリジナルより有名なリミックスです。

イントロの無音からのサビの流れはいつ聴いても鳥肌もの。

この曲はDJの友人の家で初めて聴かせてもらったのですが、その時のインパクトは今でも覚えています。

次のページへ >

-MUSIC, R&B
-, ,

© 2020 ogulog(オグログ) Powered by AFFINGER5